カウンセラーで、やる気のある方大募集


by 5bwa1lgvhj
 北朝鮮に日用品などを不正輸出したとして、外国為替法違反(不正輸出)などの罪に問われた貿易会社「スルース」(大阪市中央区)の実質経営者、中西伯子(62)と同社社員、池山正記(73)の両被告と法人としての同社に対する判決公判が18日、神戸地裁で開かれた。

 奥山豪裁判官は「計画的かつ巧妙だが反省している」として、2被告に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)、同社に求刑通り罰金200万円をそれぞれ言い渡した。

 判決によると、中西被告らは昨年9月〜今年8月、神戸港から化粧品や食料品など計約4万7千点(計約1100万円相当)を中国に輸出すると見せかけて、虚偽の申告を神戸税関に提出するなどし、北朝鮮に不正輸出した。

【関連記事】
北朝鮮不正輸出事件初公判 貿易会社役員ら起訴内容認める
北不正輸出 幹部が発注主導、秘密ルート構築
関税法違反で大阪の貿易会社役員ら告発 北朝鮮への不正輸出で
北朝鮮に日用品不正輸出、貿易商ら逮捕 党幹部も特定 兵庫県警
北朝鮮デノミの真相 体制延命を図る賭け

日銀追加策に期待感=仙谷国家戦略相(時事通信)
京大の合格者2940人、女性増える(産経新聞)
神奈川県不正経理、電動自転車・トナーなど購入(読売新聞)
小林議員「進退は自ら判断」=首相(時事通信)
表敬訪問並み? 普天間抜きの日米首脳会談(産経新聞)
[PR]
# by 5bwa1lgvhj | 2010-03-19 20:49
 太平洋から本州に暖かい空気が流れ込んだ13日、関東地方では初夏を思わせる陽気となり、千葉県富津市の富津海岸では東京湾沿岸のトップを切って潮干狩り場がオープンした。

【天気予報】14日は肌寒い?各地の予想気温

 潮の引いた午前8時、詰めかけた家族連れがくま手で砂を掘ると、3〜4センチのアサリが次々と取れ、「あった、あった」と歓声が上がった。家族5人で来た川崎市中原区の河上洋子さん(42)は「今夜はアサリ料理尽くしです」と笑顔だった。

 気象庁によると、さいたま21.8度▽東京21.4度▽水戸・前橋21.3度−−など、各地で平年を9度以上上回って今年最高を記録、4月下旬から5月中旬の暖かさとなった。14日は平年並みに戻る見込み。【児玉賢二】

【関連ニュース】
【天気予報】14日、全国的にどうなる
【週間天気予報】関東は暖かい日も 
【特集】春といえば さくら情報
<今日も天気で>暖冬と寒冬の分かれ目

グループホーム火災で厚労省が職員派遣(読売新聞)
<地震>宮城、福島、山形県で震度4=午後9時46分ごろ(毎日新聞)
【十字路】実物大の大仏半身像難波宮跡公園にお目見え(産経新聞)
<普天間移設>「あくまで国外」 社民6都道県連、党本部に(毎日新聞)
「格闘訓練は制裁」死亡の海自隊員遺族提訴(読売新聞)
[PR]
# by 5bwa1lgvhj | 2010-03-18 14:20
 ガーナを訪問していた皇太子さまは10日夕(日本時間11日未明)、首都アクラから政府専用機で次の訪問国であるケニアの首都ナイロビに到着された。13日まで滞在し、大統領主催の晩さん会に臨むほか、動物保護区や日本人学校などを視察する。 

民主・輿石氏、核密約認定は「政権交代の成果」(産経新聞)
1人210万、団体29億=チッソが患者に支払い−水俣病未認定訴訟で和解案・熊本(時事通信)
<捜査怠慢訴訟>都が上告 高裁判決不服(毎日新聞)
<監視カメラ>高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中(毎日新聞)
中越地震 被災児童の作文もとに歌…「ありがとう」CDに(毎日新聞)
[PR]
# by 5bwa1lgvhj | 2010-03-16 22:40
 政府は5日の閣議で、通信と放送の融合を進める放送法改正案などを決定した。今国会での成立を目指す。

 放送事業への参入規制を緩和したり、一つの無線局を通信、放送で共用できるようにすることなどで、新サービスの育成を促す。これまで省令で定めていた複数の放送局への出資規制は、より厳格に適用するため法制化する。同時に、出資比率の上限を引き上げ、経営難にあえぐ地方の放送局への資本支援をしやすくする。

 また、NHKの予算や番組編集の基本計画などを決める経営委員会のメンバーに、新たにNHK会長を加える。経営委員会と執行部の連携を強化するのが狙い。【望月麻紀】

一口5千円「枕木オーナー」信楽高原鉄道が募集(読売新聞)
<火災>民家焼き幼い兄弟死傷 北九州(毎日新聞)
新ルール適用は7成分16品目―来年度薬価改定(医療介護CBニュース)
<普天間移設>ホワイトビーチ沖合案が浮上(毎日新聞)
【同盟弱体化】第1部 美辞麗句の陰で(3)ぶれる日本は「蚊帳の外」(産経新聞)
[PR]
# by 5bwa1lgvhj | 2010-03-12 11:15
 長年にわたって北海道の教育現場をゆがめてきたとされる、北海道教育委員会と北海道教職員組合(北教組)による労使協定「46協定」について、協定破棄が伝えられた北教組が平成20年末、道教委に交渉を迫って実質的な温存を図る新たな“密約”を迫っていたことが8日、北教組の資料で明らかになった。46協定が破棄されたのちも不正常な学校運営を維持するよう画策したもので、表向き教育正常化へかじを切りながら、裏で労使の癒着を温存させたとも言え、批判を招きそうだ。

                   ◇

 46協定は昭和46年、当時の道教委と北教組が結んだもので、職場での組合交渉となる「校長交渉」や通知通達を流す前に組合側にあらかじめ伝える「事前協議」などが盛り込まれていた。組合が学校運営への細部に介入し、本来の責任者であるはずの校長の権限を大きく制約する状況を招き、文科省が再三、破棄を求めていた。

 平成19年2月に道教委は46協定の破棄を道議会で宣言したが、北教組は猛反発。「不当通告」と批判を強める中で、20年末に協定は失効した経緯がある。

 ところが、失効直前の20年12月、北教組は60人以上の組合員に動員をかけ、道教委との3回にわたる「交渉」を開催。協定破棄後も「学校運営はこれまでと変わらない」などとする「道教委見解」を勝ち取った−として組合員に「道教委見解を武器に、実体化を許さない取り組み」を呼び掛けていた。

 北教組の「道教委見解」では「自宅での研修を否定するものではない」「校長が認めた回復措置(代休)を道教委は否定しない」「校長交渉は(46協定を踏まえて出された)通知通り」などと、46協定の中身について実質温存を図った内容となっている。

 北海道の教育事情に詳しい義家弘介参院議員(自民)は「46協定の破棄がいかに茶番だったかを裏付けている。外に向けて『協定はなくなった』と言い、一方で裏で手を結ぶ。結局は何も問題は解決しない。教育界の腐敗を象徴するもので怒りを覚える」と話している。

                   ◇

【用語解説】46(ヨンロク)協定

 昭和46年に北海道教育委員会と北教組との間で取り交わされた労使協定。(1)勤務先は学校でなくてもよく、研修(有給)扱い(2)夏休みは校外研修で帰省も自宅研修と扱う(3)超過勤務は国が定めた条件よりも厳格に運用する(4)勤務にかかわるあらゆる問題は組合交渉にする(5)通知は組合にあらかじめ示した上で流す−といった13項目からなる。文科省の指導で平成13年に違法性が高い協定の一部が破棄されたが、北教組は猛反発。20年末に完全破棄されたが教育現場に大きな変化は見られなかった。

イラン制裁で連携 岡田外相が米国務副長官と会談(産経新聞)
上司と共謀、生活保護費詐取=450万円、元運転手逮捕−大阪地検(時事通信)
偽の国の安全マーク付け販売 レーザーポインター輸入業者(産経新聞)
「大型連休分散」11年にスタート? 渋滞緩和で「もっと旅行して!」(J-CASTニュース)
岡田外し「気にしてない」=普天間、対米交渉に意欲−外相(時事通信)
[PR]
# by 5bwa1lgvhj | 2010-03-10 21:16